05 November 2013

楽天、初の日本一

0

楽天、初の日本一(11月3日)朝日新聞号外




Read More »

09 September 2013

田村選手 続報 河北新報

0

9・8の河北新報に田村選手のご両親の記事が掲載された。

 東日本大震災の発生から11日で2年半となる。津波で命を落とした七十七銀行女川支店(宮城県女川町)の元行員田村健太さん=当時(25)=の父孝行さん(52)と母弘美さん(51)=宮城県大崎市松山千石=は、複雑な思いでその日を迎える。銀行側の安全配慮義務違反だとして提訴し、ちょうど1年。両親は「息子は銀行を誇りにしていた。再発防止のためにも行員の死に誠実に向き合ってほしい」と訴え続ける。

 田村さん夫妻は8月24日、健太さんの墓参りに訪れた。昨年12月に建てた墓の脇に、野球のキャッチャーミットをかたどった白御影石の彫刻をしつらえた。
 小学生時代から野球に打ち込んだ息子を喜ばせると同時に「かつてのチームメートが集まり、思い出話をしてくれるように」(孝行さん)との願いを込めた。

Read More »

07 September 2013

古高野球部 今後の予定

0


◎今後の予定
9月 7日(土) 佐沼・石巻北(A)
8日(日) 泉(A)
14日(土) 本吉響(A)
15日(日) 登米(A)
29日(日) 仙台東(古高G)
10月 6日(日) 仙台商業(A)
12日(土) 銚子商業・石巻商業(石巻商業招待試合)(A)
14日(月) 気仙沼向洋(古高G
20日(日) 小牛田農林・黒川(古高G
27日(日) 北部地区1年生大会
11月 2日(土) 北部地区1年生大会
3日(日) 仙台第一(A)
4日(月) 泉館山(古高G
9日(土) 塩釜(A)
10日(日) 多賀城(A)



Read More »

28 August 2013

高校野球県大会県予選 24日

0
【東部】(河南中央公園野球場)
 ▽Aブロック1回戦
佐沼 7-5 涌谷
 ▽2回戦
気仙沼 12-3 志津川
東陵 8-0 石巻北

 【北部】(南郷球場ほか)
 ▽Aブロック1回戦
富谷 16-0 加美農・南郷
中新田 8-6 黒川
 ▽Bブロック1回戦
利府 10-2 古川工
小牛田農林 11-2 迫桜

 【中部】(仙台市民球場)
 ▽2回戦
仙台一 9-2 仙台
仙台商 6-4 泉館山
東北生活文化大高 3-2 泉松陵

 【南部】(名取市民球場ほか)
 ▽Aブロック1回戦
白石工 13-3 柴田農林
 ▽2回戦
白石 9-5 亘理
宮城農 14-7 仙台向山
 ▽Bブロック1回戦
柴田 10-0 仙台高専名取
角田 5-2 村田 
Read More »

秋季高校野球宮城県大会県予選(25日)

0

 【東部】(河南中央公園野球場)

 ▽Bブロック1回戦
気仙沼向洋 10-1 石巻好文館

石巻商 7-0 登米

松島 10-5 米谷工

 【北部】(南郷球場ほか)

Read More »

23 August 2013

秋季高校野球宮城県大会 地区予選開幕

0
 
(河北新報COLNET)
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe184/20130821_01.htm

秋季東北地区高校野球宮城県大会地区予選は22日に中部、24日に東部、北部、南部が開幕する。
 4地区ともトーナメントで争う。中部は今季からブロック制をなくし、準決勝進出の4校と敗者復活戦の3校が県大会に出場する。その他の地区は2ブロックの決勝進出校と敗者復活戦1位校が県大会に臨む。
 県大会は9月15日から5日間、仙台市宮城野区の市民球場などで開かれる。組み合わせは9月10日に決まる。

*古高絶好のチャンス。ここは何としても勝たなければならない。私の読みでは、21世紀枠選抜甲子園大会に選ばれる為には県大会準優勝以上が古高の伝統を加味した場合ほぼ当確ライン。ベスト4が五分五分。
そのためには、常に高いレベルで戦う力が求められる。
その先に甲子園の道が必ずある。


Read More »

19 July 2013

東日本大震災:震災死の元球児の父と婚約者 毎日新聞

0

毎日新聞 2013年07月15日 


 東日本大震災で亡くなった元高校球児の田村健太さん(当時25歳)の父、孝行さん(52)は14日、健太さんの婚約者だった女性(28)とともに、仙台市民球場のスタンドから第95回全国高校野球選手権記念宮城大会を見つめた。健太さんの母校・宮城県立古川高校と女性の母校・県立佐沼高校の対決。孝行さんと女性は、甲子園を目指す球児たちの姿に「大切な人」を重ねた。
 「男の子が生まれたら野球をやらせたい」との孝行さんの期待に応え、健太さんは小学生で野球を始めた。中学2年の夏、親子で甲子園に行き「高校生になったら絶対ここに来る」と語り合う。健太さんは孝行さんの母校の古川高に進み、正捕手となった3年生の夏、県大会で22年ぶりの8強入りを果たした。
 大学卒業後に七十七銀行に就職したが、2011年3月、同行女川支店で勤務中、約10メートルの津波に襲われた。健太さんは翌週、婚約者を両親に紹介するつもりだったという。
 「健太も見たいだろうな」。婚約者だった女性は11年夏、2人でよく行った県大会を見に行った。スタンドに座った瞬間、涙があふれた。「ちょっと無理したかな」。それでも球場に足を運び続けた。

一方、孝行さんは震災後、野球を見ることができなくなった。選手たちが健太さんの姿と重なるからだ。だが先月末、母校対決を前に女性から届いたメールが孝行さんの心を動かした。「健太の後輩の応援に行きます。でも(お父さんは)無理しないでください」。直前まで悩んだ末、観戦を決めた。
 孝行さんは昨夏、健太さんの野球帽に手書きされていた「ONE FOR ALL」の言葉を横断幕にし、古川高に寄贈した。同校の佐々木貴芳監督(41)は「彼の残した『一人はみんなのために』という思いは、長く部員たちに伝えていきたい」と話す。
 健太さんの思いを込める横断幕が掲げられたスタンドで、女性が「健太はいつも腕組みして『今の(プレー)はああだ、こうだ』と話して、楽しそうだった」と振り返った。孝行さんは「なんかわかるな。健太が言いそうだ」と返した。
 この日は古川高が負けた。孝行さんは「今年来られたから来年も」と野球帽を握りしめた。女性は「いつか甲子園に行きたいですね」とほほ笑んだ。【近藤綾加】

田村健太さんの元婚約者の女性(右)と一緒に声援を送る田村さんの父、孝行さん。奥には、孝行さんが贈った横断幕が掲げられている=仙台市宮城野区で2013年7月14日午後1時55分、小川昌宏撮影









Read More »

14 July 2013

試合速報中

1
第95回全国高校野球選手権大会 宮城大会
一回戦
佐沼 530 03      | 11
古川 000 00       |0
5回コールド

*うーむ無念・・・。三年生は残念だろうがこれも勝負の厳しさだ。
下級生はこの敗戦から何かを学ばなければならない。


Read More »

13 July 2013

古高野球部チーム紹介

0
http://www.kahoku.co.jp/spe/spe184/team/20130709_40.htm (河北新報)


古川

▽昨夏 2回戦
▽昨秋 地区予選
▽今春 地区予選

<千田壮太主将の話>
 2年前の震災で野球ができる幸せを感じた。支えてくださった方々への感謝をプレーで表現したい。一戦必勝で頑張る。

監督 佐々木貴芳
 投 中條光之助(2)183 67 古川北
 捕 中津川泰生(3)172 70 南方
 一◎千田 壮太(3)177 76 高清水
 二 山本 竜也(3)170 66 岩出山
 三 嶺岸  諒(2)173 63 岩出山
 遊 庄司 智輝(3)172 65 三本木
 左 加藤 和繁(3)170 69 鹿島台
 中 高橋 佑斗(2)166 60 古川東
 右 岩谷  侑(3)175 71 岩出山
(補)鈴木健太郎(2)176 66 古川北
   佐藤 友哉(2)175 60 古川
   白鳥 真輝(2)170 67 志波姫
   三塚 健司(2)174 53 古川東
   熊谷 吏矩(1)176 75 色麻
   日野 悠人(1)171 60 岩出山
   曽根 健太(1)170 63 古川東
   寺田 拓実(2)170 64 田尻
   伊藤 一志(2)167 51 志波姫
   白鳥 尚貴(2)171 64 志波姫
   麻生 壮周(1)176 80 中新田





*決戦の日迫る。

7/14
【仙台市民球場】
石巻 - 仙台東(10時)
古川 - 佐沼(12時30分)


頑張れ古高!

Read More »

20 June 2013

組み合わせ決まる

0

全国高校野球宮城大会 組み合わせ決まる (河北新報)




古川高校、7・14、佐沼高校!

▽1回戦(7月14日)
【仙台市民球場】
石巻 - 仙台東(10時)
古川 - 佐沼(12時30分)

Read More »

16 June 2013

田村選手に関する続報

0

なぜ、遺族は提訴したのか
日テレNEWS24


 2011年3月の東日本大震災で人口1万人のうち872人が死亡・行方不明となった宮城県女川町。女川町の七十七銀行女川支店では、震災時、13人の行員らが屋上に避難したが大津波に襲われ、12人が犠牲になった。
 行員らの遺族4人が銀行を相手に総額2億3000万円余りの損害賠償を求める裁判を起こしている。
 12日の『デイリープラネット』「プラネットVIEW」は、「なぜ、遺族は提訴したのか」をテーマに、ミヤギテレビ・橋本遼記者が解説する。(動画配信のみ)
Read More »

29 May 2013

田村虎造の足跡と今 

0

古川高校校歌の作曲者である田村虎造先生の特別展示が鳥取県立わらべ館で行なわれているとの情報を野本さんよりいただいた。6/18までだそうである。古川高校甲子園の暁には彼の歌が銀傘にこだますることになる。

Read More »

13 May 2013

練習試合 日程

0



5月 
8日(水)古川工業 … 地元ライバル校と午後から1本勝負
11日(土)東北学院榴ヶ岡・宮城水産 … 強豪私立対策
12日(日)山形南 … 山形県内強豪校
18日(土)大河原商業 … 南部地区の強豪校
19日(日)宮城県工業・亘理 … 仙塩対策  於:古高グラウンド
25日(土)泉館山・仙台向山 … 仙塩対策
26日(日)寒河江工業・水沢 … 寒河江工業は山形県強豪校,水沢は秋季岩手大
会準優勝校  於:古高グラウンド
6月 
1日(土)不来方 … 岩手県夏のベスト4 於:古高グラウンド
2日(日)石巻・仙台二 … 県内強豪校  於:古高グラウンド
23日(日)本宮・花泉 … 福島県復興支援試合  於:古高グラウンド
29日(土)蔵王 …ベンチ入り以外メンバー最終戦
30日(日)上山明新館 … 山形県強豪校
7月 7日(日)金ヶ崎
13日(土)開会式

*宮城は気温の下がる梅雨の時期に入る。体調の管理も大変だが、勝負は全部この時期にあると言ってもいい。県大会を逃したことがいい結果になると信じて努力することである。古高Gでの試合は是非地元の皆さん観戦しに行って下さい。選手は大崎の地の広大な空気を吸って、目標をKスタではなく遥か遠くの甲子園に置いて、ここで一気にレベルアップを目指して頑張って欲しい。

がんばれ古高!


Read More »

04 May 2013

試合 「負けて目覚める」

1
宮城県高校野球春季地区大会

【北部地区】5/3試合結果



〈敗者復活ブロック準決勝〉
一迫商業 14 古川工業(8回C
迫桜 10 古川学園(5回C
小牛田農林 岩ヶ崎(7回C
築館 古川(7回C



*残念な結果。試合である以上こういうこともある。特に高校野球の場合、試合の流れというものが勝敗を左右しやすい。この流れが悪くなった時には即座に食い止める必要がある。この時に頼れるのは、十分な練習をしてきたという自信だけなのである。
敗れてここから何かを感じ、学ばねばならぬ。悔しさを「感じる」ことだ。
これは実は結構簡単ではないのである。
「進歩のない者は決して勝たない 負けて目覚める事が最上の道だ」 
(戦艦大和の最期、臼淵大尉の言葉。)

Read More »

01 May 2013

太田高校の応援団長

1


群馬県の名門、太田高校の元応援団長である野本さんから縁あって連絡をいただいた。
以前、秋田大館鳳鳴高校が初の甲子園出場を決めたときに、こんな記事を引用した↓。
その、nomotoさんである。

「はじめまして。私は群馬県立太田高等学校応援団OB会長の野本と申します。
記録も充実していて、古川高校野球部への熱い思いが感じられるホームページですね。
太田高校も1897年創立・1900年創部ですが、いまだ甲子園出場はありません。夏の大会の最高成績は、県大会ベスト4(2校出場の北関東大会代表決定戦敗退も含む)です。この点では古川高校には及びません。
さて、メールを差し上げましたのは、私の投稿記事がブログに掲載されていることを発見したからです。

Read More »

30 April 2013

試合結果

0
宮城春季地区予選 【北部地区】4/29試合結果 〈ブロック準決勝〉 古川1-4富谷 岩出山3-2小牛田農林 〈敗者復活2回戦〉 鹿島台商0-13古川工(6回C) 利府10-9古川学(延長11回) 大崎中央11-3一迫商(8回C) 〈敗者復活1回戦〉 岩ヶ崎14-0加美農(5回C)
Read More »

24 April 2013

試合結果

0
【北部地区】4/23試合結果

古川6−3黒川




Read More »

春季高校野球宮城県大会

0



いよいよ球春である。北部地区の予選が始まる。ここはなんとしてもAブロックを勝ち進みたいところ。緒戦は黒川高校戦。


Read More »

08 February 2013

頑張れ受験生、来たれ野球部!

0
なんでも、高校入試の制度改革が行われ、我が古川高校の前期入試(?)には4.69倍の応募があったとか。合格者は全員野球部に入りなさい」。

というのは冗談としても、古川工業も甲子園に行ったことですし、旧制中学から伝統のある古川高校がこの辺で堂々と甲子園へ行かねばならぬ、そのためには、一人でも多く門戸を叩いて欲しいと思う。

本番は後期試験だそうで、後期試験で合格した者も、全員野球部、女子マネも歓迎。この辺で東北・仙台育英を倒して、OBを甲子園へ総動員させよう。

Read More »

18 January 2013

懐かしの古高写真集

0

田村様提供。
まずは我らが血と汗のグラウンドだ。すぐ隣りを陸羽東線が走っている。


これはバックネット裏だろうが、少なくとも我々の時代はこのような小屋は無かった。


部室?何となく面影はある。リアカーはまだあるか?

Read More »

04 January 2013

田村選手の記事、朝日新聞全国版に載る。

0
*このブログでもたびたびお伝えして来た野球部OBの田村健太選手とそのご両親の記事が昨年末の朝日新聞の全国版に掲載されたのでここにお伝えする。


朝日新聞2012年12月29日 朝刊
http://www.asahi.com/national/intro/TKY201212280848.html


年の瀬に2012 被災地から 上

健太は生きる ミットとともに

男の子が生まれたら野球をやらせたい。それが父、田村孝行さん(52)の夢だった。
長男、健太さんが野球を始めたのは小学校の頃だ。守備位置は捕手。父の母校、宮城県立古川高校へ入学し、そこの野球部でも捕手だった。
同級生には頼もしい存在だった。足腰を痛めて退部を考えた友に「来たらいいべや」と強く明るく言うこともあった。友はマネージャーとして復帰した。
だが、当時、自分も腰を痛めていた。2年生の年の瀬、実業団や大学の選手も通うという整体師を頼った。「失敗すれば野球ができなくなる」と父が諭しても聞かず、荒療治に臨んだ。
翌日、立てなくなった息子を見て、父は「もう野球はできない」と思った。だが、「あきらめる」とは言わず、黙って歩く練習を始めた。年が明け、考えぬいたように父に言った。これまでより高級なミットがほしいと。審判員の資格をもち野球に通じた父は、最後の夏にかける息子の覚悟を理解した。仙台市の店へ一緒に買いに行った。
そのミットを手に挑んだ3年の夏の宮城大会。古川高は8強入りを果たした。
息子が繰り返したガッツポーズが父の脳裏に焼き付いている。野球を始めてから4個目のミット。それが最後のミットになった。



健太さんは大学卒業後、地元の七十七銀行に就職した。
昨年3月11日は宮城県女川町の支店で勤務していた。地震後、支店長ら12人と共に2階建ての支店屋上に避難し、津波で流された。25歳。翌週、恋人を両親に紹介する予定だった。
父と母弘美さん(50)は浜を歩き、捜しつづけた。野球部の仲間も仕事の合間を縫い、捜索に加わった。海で見つかったのは9月26日だ。
「なぜ高台へ避難しなかったのか」「守ってあげられなくて、ごめんね、ごめんね」。
息子がいない現実を受け止められず、遺骨は今も同県大崎市の自宅の祭壇にある。
なぜ親が子どもの墓を、と繰り返し思う。
それでも、今年の夏、父は、親類が眠る近所の石雲寺に墓所を決めた。80歳の和尚が、息子の霊を慰め、両親も慰めるために作ってくれた七言絶句の漢詩を墓碑に刻むことにした。
お墓をさみしい場所にしたくない。みんなが集える場所にしたい。父はそう考え、思いついた。「健太にミットを持たせたい」

石材店が、山形県の川崎町に暮らす彫刻家、平泉正司さん(53)を紹介してくれた。
9月22日、両親は平泉さんを工房に訪ね、息子のミットとボールを預けた。
5日後、平泉さんからメールが届いた。「四国の庵治(あじ)石を使います。最高級の石です」。その後も経過報告と写真が来た。ほこりをかぶらないようガラスケースに入れられたミットの写真もあった。
11月17日、再び工房を訪ねた。母が声を上げた。「そのまんまだ・・・・・・」。
ボールをはさんだミット。縫い目まで再現された石の彫刻だ。「息子が一番喜びます」。笑いながら涙がほおを伝う。父は「休みの日はお墓へ掃除に行くようになると思います」と言いながら、石のミットをなでた。
10日後、完成品の写真が届いた。薄茶色に染められ内側には黒い色づけ。使い込んだ跡だ。「健太さんの歴史を刻むことができたら」と平泉さんはメールに書いた。
ミットは墓の右側に備えつける。「ミットと共に健太は生き続ける」。そう父は願う。
来年の三回忌。みんなが集まれる土曜日に納骨を行う。
野球部の仲間も集う。
(小野智美)

東日本大震災から2年目の年が暮れようとしている。失った家族をおもいながら、前を向く人たちの物語を3回にわたり伝える。


Read More »