19 October 2018

優勝は八戸学院光星 

6
八戸学院光星が盛岡大附属に勝って優勝。盛大附属初の岩手県勢の明治神宮大会進出を逃す。

ふむ。八戸学院光星は青森県決勝で9回まで弘前東に2−4で負けていながら逆転サヨナラ勝ち。古高は東北大会で弘前東に終始リードして延長戦の末サヨナラ勝ち。結論→古高強い。

*時間があったら八戸学院光星のメンバーの出身地などを調べてみるといい。これだけ私立と公立の差が全国で開いている理由を物語っているような豪華な布陣である(盛附も負けず劣らずだが。全国にスカウト陣がいる)。まあでも癪なんで、東北の高校生は越境入学は損になると思わせるくらい公立が強くならなければならない。東北へ行くことが甲子園への近道と思わせてはいけない、そのためにも今回の古高の威風堂々の快進撃は意味があったし、まだ物足りないくらいだ。頑張れ!
<高校野球秋季東北大会:八戸学院光星5-3盛岡大付>◇18日◇決勝◇秋田・こまちスタジアム
高校野球秋季東北大会は八戸学院光星(青森1位)が5-3で盛岡大付(岩手1位)を振り切り、5年ぶり5度目の優勝を決めた。
例年、東北地区のセンバツ出場一般枠は2校に与えられる。決勝は2点差の決着となり、一般枠は順当に八戸学院光星と盛岡大付が確実だ。注目は21世紀枠。4強に公立進学校の古川(宮城2位)が入った。宮城の公立では最上位となる秋の県大会で2位に入り、県の推薦は確実。東北大会で2勝を挙げた実績は、他県の推薦校の追随を許さない。
過去3年の東北地区からの21世紀枠出場校の実績は、16年の釜石(岩手、東北大会初戦敗退)17年の不来方(同)18年の由利工(秋田、同1勝)。近年の最高成績が東北大会1勝と考えると、古川の実績は出色である。
対抗馬は、最速157キロ右腕の佐々木朗希(2年)を擁する大船渡(岩手4位)だ。東北大会出場こそ逃したが、東北準Vの盛岡大付には県準決勝で5-7と接戦を繰り広げた。一方、古川は今大会の準決勝で盛岡大付に0-10の6回コールド負けを喫している。実績の古川か、話題性の大船渡か。各県の推薦校発表が11月上旬、東北を含む9地区の推薦校発表は、例年12月中旬に行われる。【野球担当・高橋洋平】




*千坂投手はじめ古高ナインは21世紀枠を気にしないで夏に必ず甲子園に行くと言っている。その意気や良し!

(ここからは筆者の独白。古高ナインの意思とは違う)筆者から言わせれば、コールド敗けだろうが接戦敗けだろうが、そんなのは勝負のアヤであって、古高の今回の東北大会という大きい舞台で示した実績と気迫、大船渡の岩手県大会での実績と気迫では雲と泥の差がある。まして大船渡は岩手県3位決定戦でエースを温存して敗退した。21世紀枠での甲子園は我々は要りませんというもんである。それに比べ10点取られようが、甲子園への憧れ強く、ちぎっては投げちぎっては投げの連投、泣きながらマウンドを最後まで一人で死守した千坂投手、さらには多くの選手が猛烈なヘッドスライディングで勝利と甲子園への気迫を見せた古川が断然選出されるべきである。こうしなければ、プロのようにスカウトで選手集めている私学強豪には勝てないんだ、という気迫を古高が全国の公立高校に示したようなものである。今の公立に足りないのは温存することでない。一か八かの気迫だ。高校野球の原点に帰ることだ。
 また、この論争の異様な点は、盛大附属をコントロール(比較対照)に設定していることである。
Read More »

17 October 2018

71'秋季東北大会 準決勝 古川対盛大附属 (完全版)

9
71'秋季東北地区高校野球大会 準決勝
盛大附属 500 401|10 H12E2
古  川 000 000|0 H3E1
6回コールド

しかし選手はここまでよくやった!仙台育英に続き、また宿題が1つ増えた。盛岡大附属は甲子園の常連。これは古高が甲子園に行くような高校になるために通らざるをえなかった道である。古高野球部黎明期のスコアを見てみるといい。これは新しいステージに一歩踏み出した結果である。アジャストしていく時間が必要で、勝負はこれからだ。運を天に任せて、厳しい冬を過ごそう!一冬越せばどこまで伸びるか楽しみである。いま声を大にして言いたい、ありがとう現役選手諸君!




あど、野球をもっと楽しみなさい。きみらは「公立の星」に格上げだど新聞みでみろ。甲子園さいったら5万の大観衆だぞ。次は「甲子園の星」をめざせばいいべっちゃや!
Read More »

16 October 2018

明日、10時、こまちスタジアム。

2
明日、10時、こまちスタジアム、対盛岡大学付属高等学校。

すごいところまで上り詰めた古高野球部。たったもう一つの階段を上がるとそこに広がる草原は甲子園。創部98年目の悲願達成(甲子園)だ!
平常心で、何より自信を持て!
絶対勝つぞ!
Wikipediaより

盛岡大学附属高等学校(もりおかだいがくふぞくこうとうがっこう)は、岩手県盛岡市にある私立高等学校
盛岡大学附属学校である。通称は「盛附(もりふ)」、または「盛大附属(もりだいふぞく)」。

建学の精神

本学園はキリスト教主義に基づいて教育を行い、愛と奉仕の精神を体した人格を形成することを建学の精神とする。

建学の聖句

  • いつも喜んでいなさい。
  • 絶えず祈りなさい。
  • すべてのことに感謝しなさい。
テサロニケの信徒への手紙一第5章16節〜18節)

Read More »

15 October 2018

71’秋季東北大会 準々決勝 古川対秋田修英(速報中)

11
第71回秋季高校野球東北大会 準々決勝
秋田修英 000 100 000|1
古  川 001 000 02x|3

校歌斉唱
試合終了の瞬間
古高勝利!!!!!!!!!!!!秋田第一代表、秋田修英を破り、東北大会準決勝(ベスト4以上)に堂々進出!!!
非常に礼儀正しいと評判の古高野球部員(試合後)

*当方、特派員1名しかおらず、画像、動画、テキスト速報、本日多忙でややテキストが不正確になる場合があります。ご了承ください。宮城県内の方はラジオで実況が聞けるようです。
Read More »

14 October 2018

71’秋季東北大会 古川対弘前東(速報中)

6
*古高、歴史的勝利!!!!!
*古高、耐えに耐えてバックもよく守り、甲子園へ近づく大きな一歩となりました。なにか県大会よりも一段と強くなった気がします。ナイスゲーム!おめでとう!明日も勝てよ!

明日のゲームはこまち球場10時、秋田優勝の秋田修英高校と。今日見る限りかなり強い。激戦になる。しかもアウェーでもっともっと応援が必要です、古高OB/OGの皆さん!!

--------------------------------------------------------------------------------------
(news)

花巻東、仙台育英など8強/秋季東北大会詳細(日刊スポーツ)


チーム10
弘前東
古 川

※延長10回サヨナラ

弘前東対古川 サヨナラ勝ちし、全力で校歌を歌う古川の選手たち(撮影・鎌田直秀)
弘前東対古川 先発した古川のエース千坂(撮影・鎌田直秀)

日刊スポーツ

Read More »

13 October 2018

71回秋季東北大会 開幕

0
*本日無事に開幕した模様です。実験的に古高の試合までガジェットに秋田高野連の速報を表示します。古高の試合は明日の11時より、八橋球場になります。現在大崎中央高校が1点ビハインドの展開です。頑張ってほしいものです、古高と対戦するまで @東北大会で。現在9回裏、無死満塁のチャンス、二ゴロ、野選で同点!四球でふたたび満塁、サヨナラのチャンス、ライト前サヨナラ!大崎中央サヨナラ勝ち。よし、明日、古高、大崎中央両校勝てば、東北大会で北部地区戦!


東北大会開幕 秋田修英・亀卦川主将が選手宣誓(日刊スポーツ)




Read More »

12 October 2018

雨天延期。。。全て一日順延、 古川ー弘前東 14日11時に順延

0
第71回秋季東北地区高等学校野球大会 本日開幕予定でしたが、降雨によるグラウンドコンディション不良のため、開会式・健康管理日も含め大会をすべて一日順延することに決定しました。


Read More »

11 October 2018

(再掲)古川 対 弘前東

0

文武両道の古川、初甲子園に挑む 東北大会あす開幕(日刊スポーツ)



57年ぶりの東北大会出場で初の甲子園切符に挑む古川ナイン
創立121年を誇る伝統校が初の甲子園に挑む。古川(宮城2位)は4番エースの千坂優斗投手(2年)が、地区予選から県大会準決勝まで7試合を完投。文武両道の右腕が投打にフル回転し、準優勝を勝ち取って57年ぶりの東北大会切符をつかんだ。初戦は弘前東(青森2位)と対戦。準々決勝で強豪・東北を撃破した県大会同様に、無欲の快進撃を再現する。
古川は文武両道を実践し、春夏通じて初甲子園までの道を開いた。県大会は定期考査の期間がほぼ重なったが、学年1ケタ順位をキープするエース千坂を中心に23年ぶり8強、29年ぶり4強、65年ぶり決勝と壁を突破し、旋風を起こした。
昨年創立120周年を迎えた伝統校。校章には「蛍雪の功」の故事に由来するホタルが描かれる。同校野球部OBで英語科教諭の茂泉公己監督(44)は「時間が少なければ工夫して、集中力を高めればいい。ないことを逃げにしたくない」と、苦学は覚悟の上。将来は数学の教員を志す千坂は投打にフル回転しながら、「家では勉強に切り替え、短時間集中で」と数2で91点を挙げるなど、考査でも全力投球した。
野球部は創部97年の歴史を誇る。1951年(昭26)の宮城大会を制すなど、1県1代表以前に夏の東北大会に2度出場したが、甲子園には届かなかった。新チームは初公式戦となった地区1回戦で、岩ケ崎に1-2の敗戦からスタート。そこから県大会準決勝まで6連勝した。大黒柱は岩ケ崎戦から県決勝(対仙台育英)の5回途中まで、66回1/3を1人で投げた千坂だ。1日からフォーム修正に突貫工事で取り組み、「下半身の体重移動を意識し、もっと強いボールを」と精力的に球威を磨く。
1年秋からバッテリーを組む主将の高橋寛太捕手(2年)も、「ピンチで動じない気持ちが強くなった」とエースに絶対の信頼を置く。9月29日には練習試合で岩ケ崎に雪辱し、チームの成長を実感した。茂泉監督は就任1年目で携わった母校の快進撃に、「目標は甲子園。そこにたどりつくまでの1歩1歩を、目の前の試合を大事にしたい」と、初舞台まで着実に歩を進めていく。【中島正好】

*古高は春夏秋合わせて実は7回目の東北大会まずは初戦の弘前東高校戦に全力で勝って波に乗りたい。
秋田へ古高を応援しに行こう!(ついでに金農デニッシュドーナツを買ってこよう)創立120年、創部約100年の悲願(甲子園出場)の歴史的偉業の証人になれるチャンス!!
(男鹿の塩入り)



Read More »

07 October 2018

【高校野球】甲子園80年代伝説のスター選手「桑田・荒木・金村」

0


一部の方より宮城県の高校は宮城県「立」とは表記しないとのご指摘がありまして、当方ブログのタイトルをこれまでの「宮城県立古川高校野球部を甲子園へ」から、「宮城県古川高校野球部を甲子園へ」と変更させていただきます。貴重なご指摘を感謝いたします。m(_ _)m

さて、東北大会も迫ってきました。21世紀枠の最終候補に残る可能性も古高の過去の実績(優勝経験があるのに甲子園に出場していない)、また話題性(創立120年超、創部約100年で初出場になる)、を考慮すると十分あるとは思いますが、今年は県予選4位で惜しくも東北大会出場を逃した快速球投手の佐々木投手を擁する大船渡高校を岩手県が推薦する可能性もありますし、また彼を見たいという世論が高まれば主催者側も考慮せざるを得なくなるのではないかと思います。さらに、秋田の横手高校も十分可能性があります。ですので古高は、ここは敢えてこの東北大会を決勝まで勝ち抜いて自力で甲子園初出場を決めて欲しいと思います。そのチャンスも、十分ある。

話題を変えて、私が真っ先に思い出す甲子園の一戦は、1年生の桑田真澄投手と清原和博選手を擁するPL学園が、当時無敵の強さを誇り史上初の夏春夏の三連覇を狙っていた猛打の池田高校を破った試合です(動画16:05付近より)。この試合、初回2アウトより、池田高校連打で桑田ピンチ、やまびこ打線が初回2アウトから火を吹くというのはお家芸、誰もがやはり池田は強い、やまびこ打線早くも爆発と思ったことと思います。映像では1年生の桑田投手の顔にも若干不安の表情が生じています。ところが続くバッターの強烈なピッチャー返しを桑田投手が好捕、ピンチをしのぎました。そのことを桑田さんが「これが取れたんで、取れなかったら逆の結果になった」とさらっとテレビで言っていたのですが、これは本人からの重要な真実の吐露だと思います(これをはじいたり、センター前に抜けていれば1点、さらにもう一本連打が出れば初回から3点くらい池田先制のいつもの展開だった。この前の準々決勝の試
Read More »

06 October 2018

<秋季高校野球>古川、57年ぶり東北大会出場 文武両道球児 夢に挑む (河北新報)

0
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201810/20181006_14018.html
県大会準決勝で大崎中央に勝ち、57年ぶりの東北大会出場を喜ぶ古川の選手たち=9月22日、石巻市民球場

 12日から秋田市で行われる第71回秋季東北地区高校野球大会に古川が57年ぶりに出場する。県大会は主戦の千坂優斗投手を中心に手堅い野球で決勝まで進んだ。初の甲子園出場に向けてまずは初戦突破を目指す。
 東北大会までの道のりは平たんではなかった。北部地区大会は2回戦で岩ケ崎に1-2で敗れて敗者復活戦へ。「敗戦後のミーティングが転機になった」と高橋寛太主将は振り返る。
 「いつもは全体的な反省だけだが、あえて名指しで駄目出しをした。本音で問題点を指摘し合うことでチームが変わった」。復活戦を勝ち抜いて進んだ県大会は千坂投手が5試合で防御率2.23と安定。打線も19犠打と小技が光った。
 県内屈指の公立進学校で、学業との両立に力を入れる。県大会は定期テストと日程が重なったが、土日の午前中に全員そろって勉強会を開いて乗り切った。「授業で全部覚えるつもりで集中している」と言う千坂投手は、学年トップクラスの成績だという。
 初戦は13日。対戦相手は青森第2代表の弘前東に決まった。チームの目標は甲子園出場。21世紀枠での出場も期待される。茂泉公己監督は「一歩一歩を大切にして勝ち進み、選手の財産となるものを得たい」と意気込む。



Read More »

04 October 2018

東北大会日程 古高、弘前東と対戦!

0
*古高初戦は青森第二代表、弘前東!(13日11時さきがけ八橋球場)がんばれ古高!!

弘前東高校は近年非常に強い弘前市にある私立工業高校だ。これで秋は3年連続東北大会に出場、今年の春も東北大会に出場している(ベスト4。古川学園が1−8で敗れている)。青森では八戸学院光星、青森山田高校と対等以上の試合をしている。古高は胸を借りることになる。今のところ古高が勝っているのは卒業生の数だけだ。ぜひ古高関係者のみなさん、秋田に応援に行きましょう!紫紺のメガホン一つ一つが甲子園への後押しになる!
祈 古高旋風

大会期間
10月12日〔金〕~14日〔日〕
16日〔火〕~17日〔水〕  5日間

秋田県
こまち球場

さきがけ八橋(やばせ)球場



Read More »