Jan 14, 2019

センバツ21世紀枠 候補校紹介/2 古川(東北・宮城) 勉強机で培う精神力 ほか 毎日新聞2報

<第91回選抜高校野球大会>


https://mainichi.jp/koshien/articles/20190113/ddm/035/050/071000c

毎日新聞

 各練習メニューの前後に必ず選手だけでミーティングを行う。「キャッチボール相手の改善点を指摘し合おう」「今のボール回しは本気だったか」--。時には厳しい言葉も飛ぶ。捕手の高橋寛太主将(2年)は「漫然と練習しても意味がない。目的意識を統一して短い時間を無駄にしないようにしている」とその意図を説明する。
 古川市と6町が2006年に合併して誕生した宮城県北部の大崎市にある進学校だ。平日の練習は約2時間と限られているため、工夫を凝らす。例えば選手24人全員が参加するボール回しでは、球を受けない選手も投げる動作をしてイメージを養う。守備練習ではシートノックをほぼ行わず、ポジションごとに分かれて手投げの球をさばいて捕球や送球姿勢を確認する。

 野球部OBで英語教諭の茂泉(もいずみ)公己監督(44)は「ノックやフリー打撃は待ち時間が多く、効率が悪い。みんなが動き、ボールを触る機会の多い練習を意識している。時間がない分、密度にこだわらなければ」と強調する。
 昨秋の県大会は準々決勝で強豪・東北を1点差で破ると、勢いに乗って準優勝。57年ぶりに出場した東北大会でも2試合続けて接戦を制して4強入りを果たした。

Read More »

Jan 12, 2019

投稿「古川高校を甲子園に送る会」

「せえべえ」さんからのメール。せえべえさんは古高の卒業生であり、私も知らなかったのですが、かつて1990年代に「古川高校を甲子園へ送る会」というのがあり、約5年間ぐらい盛んに活動を続けていたそうです。筆者のブログ「宮城県古川高校を甲子園へ」とは関係がありませんが、その当時の会則がなかなか面白いので掲載させていただきました。ありがとうございます。



「自分は完璧な帰宅部(郷土研究部)でしたが、
今も「母校は古高」であり、野球部はもちろん、
古高の活躍を見ると、血が騒いでいます。
ちなみに1986年の古高のサヨナラ負けは生の目撃者でした(笑)。
1992年頃は、10歳くらい年上の悪い先輩たちの「パシリ」をしていました。

この会は、テレビ局が関心を持ってくれて取材もされています。
テレビが来なかった日に、古高対沿岸部の某高校(原文は実名)の試合で
某高校のランナーコーチを先輩たちと「漁民」と野次ったら、
ランナーコーチが塁審にチクリ、私だけが係りの人々に
スタンドから退場させられるという屈辱的な経験もあります
(古高もコールド負け)。

実を言うと、息子が昨年の春に仙台市内の某高校硬式野球部を卒業し
私は野球部父母会事務局長でしたがよもや息子の卒後に、
こんな展開が待っているとは夢にも思いませんでした。
他県で甲子園に出た公立高校は大嫌いです。
古高こそが公立の星だと思っています。

今、宮城県の教育界も古高生が大勢います。
地元マスコミでも要職の立場に古高生がいます。
夢で終わらず、東北に希望の風をもたらして欲しいですね。

余計な話のついでを申せば、私の母親(故人)の実家は古川の塚目にあり、

Read More »

Jan 8, 2019

星合愛人と古高校歌 3

「呼子鳥」台北文明堂書店 刊 著者 星合愛人





星合氏の第二の著作集、「呼子鳥(よぶこどり)」をあるツテをつたって台湾より入手した。これは短歌集である。星合氏の著作は、わずかに東京神田などで隈なく探せば手に入るようだが、いかんせん安くない。台湾で入手したものの為か保存状態は決して良くないが(頁が一つずつはらはらと剥がれてきている)、それでも当時台湾で発行されたものを、台湾で購入したのは日本で購入するより安価だという以上に大きい意味がある。ページの間より当時の星合氏が過ごした台湾の雰囲気が伝わってきそうではないか。

ところで呼子鳥(よぶこどり)とは一体何の鳥であろうかと調べて見る

Read More »

Jan 3, 2019

激闘の記録 古川ー東北 (2)(昭和61年)


古川ー東北(昭和61年)その1は、

https://furuko-baseball.blogspot.com/2010/12/blog-post.html



昭和61年、第68回全国高校野球選手権宮城大会4回戦 
古川4ー5x東北。

古川 102 000 001   |4

東北 100 000 004x |5


3回表、1死より1番青沼選手死球、2死2塁となって再び3番千坂選手を迎える


貴重な当時の男子校っぽい応援風景 蛍雪健児古高の〜



先発の伊藤投手は、ゆったりとしたフォームからコーナーをつき、バックも堅い守備で盛り立てる。東北1番の遠藤選手には3塁打を打たれるも後続を抑える
Read More »