2017/09/26

<秋季高校野球宮城大会>仙台育英6連覇 利府に快勝 (河北新報)

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170925_14028.html

 第70回秋季東北地区高校野球宮城県大会最終日の24日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城で3位決定戦と決勝があり、決勝は仙台育英が利府に8-1で快勝、6年連続21度目の優勝を飾った。3位決定戦は仙台南が角田を七回コールドの8-1で破り、初の東北大会出場を決めた。
 仙台育英、利府、仙台南の3校は10月13~18日に福島市の福島県営あづま球場などで開かれる東北大会に出場する。

 ▽決勝
利  府000000010=1
仙台育英06000002×=8

 【評】仙台育英が二回に猛攻。無死満塁から沢田の左犠飛、佐々田と鈴木佳の2点打などで一挙6点を先取し、試合の主導権を握った。1点を返された直後の八回には長短4連打に鈴木佳の左犠飛で2点を加えて突き放した。利府は投手陣が14安打と打ち込まれた。

2017/09/13

第二回 古高野球部OB総会のお知らせ

*10月8日(日)にOB総会が行われるとのことです。
当日午前9時より、野球部グラウンドで現役部員vs OBによる試合が予定されています。面白そうですね。プレイボールのOBとの親善試合を思い出しました。OBの皆さんも久しぶりに伝統のユニフォームに身を包み、懐かしのグラウンドで汗を流してはどうでしょうか?
ぜひOB現役の境なく盛り上がって、古川高校野球部が大崎の雄の座を奪回して行って欲しいものです。








2017/09/09

北部地区結果 9/9 古高敗退

*無念、県大会出場を逃す。全部接戦といっていいので、いまの段階ではさほど差が無い。これが春までに、逆転するのか、開くか、それは冬の厳しい練習にかかっているだろう。奮起を期待しよう。

9月9日(土)陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合 第7代表決定戦
9:54開始
黒川高校 対 古川高校

古川00000010丨1
黒川0020001x 丨3

第2試合 決勝戦
12:30開始予定
利府高校 対 富谷高校

富谷010000 I1
利府203024×I11

利府高校の勝利(6回コールド)
優勝

2017/09/06

北部地区結果 9/6

*一時逆転したが学院榴ヶ岡に敗退。終盤のやや大きい失点が続いてるのが課題だろうが一冬越せば体力もつくだろう。これで最後の椅子をかけて黒川高校との対戦となった。

9月6日(水)栗駒球場
第1試合 9:50開始 11:49終了
古川工業高校 対 黒川高校

古工 102 000 010|4
黒川 000 001 000|1

古川工業高校の勝利 県大会出場

第2試合 12:23開始 14:30終了
古川高校 対 東北学院榴ヶ岡高校

榴ヶ岡 000001060丨7
古 川 000002000丨2

東北学院榴ヶ岡高校の勝利
県大会出場

2017/09/03

北部地区 結果 9/3

*よし!古川学園を下す。気を抜かずもう一勝で県大会だ!

9月3日(日) 栗駒球場
第一試合 9:55開始
古学 000 000 002|2
古川 030 000 12x|6

第二試合 東北学院榴ヶ岡ー築館
12時55分開始
築 館 201 100 200 0|6
榴ケ岡 020 130 000 1×|7

榴ヶ岡高校の勝利(延長10回サヨナラ
)15時41分終了


9月3日(日)一迫球場
第一試合 小牛田農林-古川工業
9時56分開始 13時2分終了

古川工010 000 100 002|4
小牛田000 000 020 000|2

古川工業高校の勝利(延長12回)

第二試合 迫桜-黒川
13時48分開始15時57分終了

迫桜030000100丨4
黒川11012000×丨5

黒川高校の勝利

2017/08/30

北部地区 結果 30日

*うむ。いい粘りを見せたが、惜しい試合を逃した。次は敗者復活でおそらく古川学園が来るだろうが、是非打ち負かしてもらいたい。どんな形でもいいのでまず県大会に出ることである。出ればチャンスが広がる。また、常に目標を一番高いところに置いて日々過ごしてもらいたい。

8月30日(水)陶芸の里スポーツ公園野球場

第1試合 
10:54開始 13:19終了
利府高校 対 古川高校

利府 000 001 414|10
古川 000 010 232|8

利府高校の勝利 県大会出場決定

第2試合
13:40開始  15:42終了

大崎中央高校 対 黒川高校

黒川 000 000 003|3 
大崎 000 300 02×|5

大崎中央高校の勝利 県大会出場決定



2017/08/28

北部地区 結果 8/27

*次は真価を問われる利府戦だ。
8月27日(日)陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合
8:30開始 9:50終了
利府高校 対 迫桜高校

利府 31017I12
迫桜 00000I0

利府高校の勝利(5回コールド)

第2試合
10:41開始 12:36終了
古川黎明 対 古川高校

古川 2102313I12
黎明 0000100I1

古川高校の勝利(7回コールド)

第3試合
13:25開始 15:39終了
築館高校 対 岩ヶ崎高校

築 館 000101000 I2
岩ヶ崎 000001002×I3

岩ヶ崎高校の勝利(サヨナラ)
県大会出場決定


8月27日(日) 鹿島台中央公園野球
第1試合
大崎中央高校 対 学院榴ケ岡高校

8:28開始 10:40終了

大 崎 001021100|5
榴ケ岡 000101000|2

大崎中央高校の勝利


第2試合
鹿商・涌谷・加美農連合 対 黒川高校

11:17開始 13:08終了

黒川高校 2004001|7
三校連合 0000000|0

黒川高校の勝利

第3試合
小牛田農林高校 対 富谷高校

13:57開始 16:05終了

小牛田 000 010 002|3
富谷高 001 100 03×|5

富谷高校の勝利・県大会出場決定

2017/08/25

第11回秋季宮城県高等学校野球地区大会 北部地区予定

*さて、新チームの始動である。全国の新チームが次なる目標に向かって既にスタートをきっている。新古高の活躍に期待しよう。初戦は8・27、古川黎明戦、11時@陶芸の里球場。

元横浜高校の渡辺元智監督の座右の銘、

「富士山に登る第一歩
三笠山に登る第一歩
同じ一歩でも覚悟が違う
どこまで登るつもりか
目標がその日その日を支配する
(黒土四郎 横浜高校創始者)」






2017/08/23

優勝は花咲徳栄、埼玉県初優勝 (埼玉新聞 号外)

学校法人佐藤学園 花咲徳栄(はなさきとくはる)初優勝。見事な打線だった。打者は引き付けて逆方向へ叩きつける打撃を徹底してる。逆方向へ打つ利点の一つは球をギリギリまで見て打つことができることである。これが引っ張りを意識しているとミートポイントを前に置かなければならない。花咲徳栄は意識を徹底した練習をしていると思われる。とりあえず埼玉県の夏初優勝おめでとうございます。



2017/08/22

広陵 中村選手 最多本塁打

*凄いバッターですね。。。甘い球を逃さない、しかも試合を決定づける安打・本塁打が多い。球を懐まで十分に呼び込んで打ってるので上体が突っ込まず、ほとんど完璧に自分のポイントでミートしている。並みの技術、反射神経ではありません。加えて強肩俊足、ドラフト1位競合間違いないでしょう。




2017/07/29

障害があっても 古川・今野泰斉

障害があっても 古川・今野泰斉(やすなり)(3年)毎日新聞



 「気持ちだ!気持ち!」。15日にあった黒川戦。三塁コーチスボックスから、大きな声で仲間を鼓舞する背番号「20」の姿があった。
 小さな頃から野球が大好きで、小学5年の時に少年野球チームに入った。しかし生まれつき両足の膝から下にまひがあり、足は遅く思うような打撃もできなかった。試合中に他のチームの選手から笑われることもあったが大好きな野球をやめるつもりはなかった。
 中学の時も軟式野球部に入部し、野球に打ち込んだ。ただ引退した後、高校でも野球を続けるか迷っていた。そんな時だった。2年時の夏休みの宿題で書いた弁論用の原稿が、心の中にあった迷いを吹っ切った。原稿には、差別を受けながらも米大リーグ初の黒人選手として活躍した人物のことが書いてあった。「障害があるためにコンプレックスを抱えている人は多い。障害があっても、高校野球で活躍できることを証明したい」
 高校入学後は、グラウンドマネジャーや三塁コーチを務めた。「最高の仲間と出会えた。3年間やりきったことは一生の宝物」。現在は、31日から開催される全国高校総合文化祭に向けて、弁論の練習に取り組んでいる。「自分にとっての野球とは何だったのか」。県代表として、これまでの思いをぶつけるつもりだ。【真田祐里】

*今野選手3年間ご苦労様でした。是非その古高魂を持って、次のステップでも頑張ってほしいと思います。

2017/07/15

試合速報中 古高敗戦

1回戦 11:53 試合開始 仙台市民球場

黒川 010 210 002 |6
古川 020 020 000 |4

試合終了。4-6で敗戦。

もう一歩だった。惜しい敗戦。古高らしいといえば古高らしい。
無念!







チーム紹介 2017 本日試合、頑張れ古高!!

古川

▽昨夏 3回戦
▽昨秋 地区予選
▽今春 地区予選

<白鳥信志主将の話>
 どんなチームにも負けない、声を出すチームになる。一人一人が今まで以上の覚悟を持つ。目標は甲子園。

監督  中鉢修
 投  門脇廉汰郎(3) 174 65 古川東
 捕  佐々木悠汰(3) 178 74 小牛田
 一  高橋寛太 (1) 174 70 三本木
 二  鈴木惇之介(3) 161 59 築館
 三  高橋龍世 (3) 165 73 岩出山
 遊  鈴木隆世 (2) 172 70 古川南
 左  後藤有樹 (2) 171 60 鹿島台
 中 ◎白鳥信志 (3) 180 73 築館
 右  早坂知広 (3) 175 70 宮崎
(補) 庄司崚雅 (3) 171 71 築館
    佐野佑真 (3) 178 78 古川東
    千葉大夢 (3) 175 73 古川東
    佐々木啓汰(3) 179 71 小牛田
    安達柊人 (3) 167 57 築館
    小泉和輝 (2) 169 69 三本木
    鈴木智也 (2) 165 66 南郷
    川村佳  (2) 165 54 田尻
    千坂優斗 (1) 175 64 田尻
    今野壮琉 (2) 178 65 古川北
    今野泰斉 (3) 157 53 古川北

※◎は主将。守備位置、名前、学年(丸数字)、身長、体重、出身中学。

宮城大会 開幕!

校庭に今も仮設住宅、住民が球児激励 南三陸の志津川高


 全国高校野球選手権宮城大会が14日開幕し、東日本大震災で800人以上が犠牲になった宮城県南三陸町にある志津川の主将、熊谷和輝君(17)が選手宣誓をした。震災を乗り越えることができた支援への感謝を忘れない――。元気いっぱいの声を、温かい拍手が包んだ。
野球部唯一の3年生で「最後の夏」となる熊谷君は、18人の選手と宣誓で何を伝えるかを話し合った。多くの部員が口にしたのは、「感謝」だった。家を流され、親を亡くした子もいる。そんななか、全国からバットやボールが寄付され、高校生がボランティアに来てくれた。
 校庭には今も9棟の仮設住宅がある。「普段通り頑張って」。試合の日、仮設の住民は必ず出発する選手のバスを見送ってくれた。町内では復興が進み、現在の入居世帯は4世帯。昨冬にあった住民とのお別れ会で、部員の一人は「笑顔で励ましてくれてうれしかった」とあいさつした。
 そんな日々を経て迎えた開会式。「つらい経験を乗り越え、野球ができているのは、家族、仲間、地域、全国のご支援くださった方々の支えがあったからです」。熊谷君は、一つひとつの言葉をかみしめるように紡いだ。(桑原紀彦)


選手宣誓をする志津川高校の熊谷和輝主将=14日午前10時53分、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城、津布楽洋一撮影

2017/06/29

第99回全国高等学校野球選手権宮城大会 組み合わせ決まる

第99回全国高等学校野球選手権宮城大会

古川高校は7月15日仙台市民球場にて、 11:30より一回戦、黒川高校と戦うことに。
頑張れ
古高!!






2017/05/04

北部地区結果

*古高無念。この悔しさを胸に夏の飛躍を期待しよう。しかし昨今は部員不足の影響か連合チームが多くなったようだ。

5月3日(水) 鹿島台中央野球場
第1試合 黒川―東北学院榴ヶ岡 
9:55開始 12:24終了

榴ヶ岡 000000100 0丨1
黒川  000001000 1×丨2

延長10回 黒川高校の勝利


第2試合 
中新田・加美農連合―岩ケ崎 
13:02開始 14:54終了

中加 2050010丨8
岩ヶ崎0000000×I0
 
7回コールド 中新田高校・加美農業高校連合の勝利
2017/05/02
5月3日(水) 陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合 小牛田農林―古川黎明 
10時開始12時10分試合終了
古川黎明高 0010000|1
小牛田農林 002214×┃9
7回コールドゲーム小牛田農林の勝利

第2試合 富谷―古川 
12時30分開始14時7分終了
富 谷0230201 ┃8
古 川0000000 ┃0
7回コールドゲーム富谷の勝利




2017/04/29

北部地区結果

2017/04/29
4月29日(土) 陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合 
築館ー一迫商業
8:56試合開始 11:44終了

築館  014200200丨9
一迫商 200101210丨7

築館高校の勝利

第2試合 
利府ー古川
12:24試合開始 14:50終了

利府 400000020丨6
古川 000001020丨3

利府高校の勝利
利府高校の県大会出場決定

第3試合
岩ヶ崎ー古川工業
15:28試合開始 17:47終了

岩ケ崎 000000000|0
古川工 00220020×|6

古川工業高校の勝利
古川工業高校の県大会出場決定

2017/04/29
4月29日(土) 鹿島台中央野球場
第1試合 黒川-大崎中央
9:59開始 12:11終了

大崎000320111|8
黒川040100100|6

大崎中央高校の勝利

第2試合 小牛田農林-古川学園 12時50分開始 14時46分終了

古 学|001 003 3|7
小牛田|000 000 0|0

7回コールド 古川学園の勝利

本日の結果を受けて、大崎中央高校と古川学園高校は県大会出場決定

2017/04/24

春季地区予選(北部)結果 (宮城県高校野球連盟HPより)


4月23日(日) 築館球場
第1試合 10:00開始 11:53終了
鹿商001 000 0|1
黒川105 310 Ⅹ|10

7回コールド 黒川高校の勝利

第2試合 12:34開始 14:01終了
中加000 00 |0
大崎300 25×|10

5回コールド 大崎中央高校の勝利

4月23日(日) 陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合 
利府ー東北学院榴ヶ岡
9:57開始  12:16終了

榴ヶ岡140000101丨7
利府 00002341× I10

利府高校の勝利

第2試合 
古川ー岩出山・柴田農林・伊具連合
13:04開始 15:28終了

古川 120101100丨6
岩柴伊100001100I3

古川高校の勝利
4月22日(土) 鹿島台中央野球場
第1試合 9時59分開始 11時51分終了
迫桜―小牛田農林

迫 桜 000 000 0|0
小牛田 001 530 ×|9

7回コールド 小牛田農林高校の勝利

第2試合 12時30分開始 14時52分終了
富谷―古川学園

古学 000 111 010|4
富谷 102 000 000|3

古川学園高校の勝利

4月22日(土) 陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合 
東北学院榴ヶ岡ー古川黎明
9:00開始  11:18終了

古川黎明 200100100 丨4
榴ヶ岡  00201020× 丨5

東北学院榴ヶ岡の勝利

第2試合
築館―岩ケ崎
11:59開始 14:10終了

岩ヶ崎 100002010I4
築館  001000000丨1

岩ヶ崎高校の勝利

第3試合に予定されていた古川工業対一迫商業は、一迫商業の部員不足により
古川工業の不戦勝となりました。