2011/07/26

決勝戦 速報 おめでとう、古川工業

古川工業、初優勝、甲子園初出場決定! 
大崎から初の甲子園!



古川工 000 001 110 | 3
利 府   000 001 000 | 1




*歴史的な宮城大会となりました。やり方次第で公立・私立の垣根は無いということを示した両校に拍手を送りたいと思います。古川工業の精神力には恐れ入りました。並大抵の努力ではこのような結果になっていないはずです。ただ努力するというのではだめで、野球はどうすれば勝てるかを、どのチームよりも必死に考えた結果であろうと思います。高校生同士の対決、どのチームにも甲子園のチャンスがあります。そのような時代に突入したと思いたい。いずれにしても、古川工業によって宮城県高校野球史に残る金字塔が達成されました。

間もなく決勝戦

私は海外に住んでいるために、直接放送を見れないのが残念だが、ここで私なりに決勝の予想をしておこう。

私の予想では6:4で利府高校が有利と見る。


利府高校の最近の主な成績

2010 ベスト4
2009 ベスト4
2007 ベスト4
2004 準優勝 (準決勝 利府9-8東陵、決勝 利府2-20東北)
2000 ベスト4
1999 準優勝 (準決勝 利府4-1東北 決勝 利府1-17仙台育英)
1998 ベスト4
1991 準優勝 (準決勝 利府3-0東陵 決勝 利府2-5東北)

素晴らしい成績である。そして今季は仙台育英を倒して波に乗るはずの仙台商業に快勝しての決勝進出。
もうお気づきかもしれないが、昨年の気仙沼向洋といい(準決勝で東北に勝ち、決勝で仙台育英に大敗)、東北・仙台育英・東陵の私学強豪を倒した直後の大敗が何故起きるのか?
おそらく、仙台商業は仙台育英と対戦する前に利府高校と対戦していれば、もっと僅差になった可能性がある。
これは、それだけこの3強と対戦することが、肉体面のみならず精神面でも消耗していることを物語っている。勝利すればなおさら激しい歓喜の衝動に駆られる。何故なら、それが宮城球児の目標であるからだ。東北・仙台育英を倒すのが。これは当然だ。しかし、問題は決勝を含めた戦いの準備をしてきているか、だ。

古川工業は利府高校より歴史の古い伝統を誇る。しかしながら、夏の大会は初の決勝進出に加え、最大の敵・東北高校を撃破してのこの決勝戦。あがるなという方が無理な上に、それ以上の緊張感と消耗戦が決勝には待ち構えているだろう。

それを古川工業が打ち破るには、打棒爆発と行きたいところだ。対する利府高校は甲子園も経験している上に、今回は実力での決勝進出。しかも、東北・仙台育英との対戦を回避しての決勝戦。やや精神的に上にいると見るほうが自然である。

果たして結果はどうなることか。
いずれにしても両校の健闘を祈りたい。

2011/07/25

速報・古川工業、初の決勝進出!!


準決勝 第一試合
古川工業 100 100 010 | 3
東  北 000 001 000 | 1

古川工業:山田
東北:上村ー片貝



古川工業、初の決勝進出!! 第一シード東北を破る!!


準決勝 第二試合
仙台商業 200 000 000 | 2
利 府   600 000 01X | 7


仙台商業:米
利府:加藤駿ー山田






*初めて訪れていただいた方へ。


このページは、「古川高校」を応援するページであり、近隣の「古川工業」とはまた別のものです。地元では、「ふるこう」と「こうぎょう」という呼び分けをしています。しかしながら、右サイドバーで表示される「人気の投稿」でも分かるとおりに、この速報に対するアクセスが膨大で一気に人気トップに躍り出ました。。。宮城県では私立の強豪、東北・仙台育英の壁が厚く、公立高校が甲子園出場を果たすのはほぼ10年に一回のペースであると思われます。
私たちは母校・古川高校が旧大崎リーグから初の甲子園へ行って欲しいと願ってきましたが(http://furuko-baseball.blogspot.com/2010/07/blog-post_1427.html)、ともに同リーグ(旧大崎リーグ)で長年切磋琢磨してきた好敵手・古川工業の今大会の活躍にただ賞賛し、決勝での活躍を祈るばかりです。また、私が現役の頃は、決勝で相対する利府高校の小原監督は古川工業の若き監督でした。
現在では、古川学園、大崎中央の県大会での躍進、さらに一迫商業、決勝進出の古川工業、利府、と北部地区は中部地区に劣らない激戦区の様相を呈してきました。。。


2011/07/11

仙台、古川に快勝 全国高校野球宮城大会(河北新報コルネット)



仙台―古川 7回表仙台1死満塁、白井の死球で三走佐藤駿が生還し、2―1と勝ち越す=福祉大


第93回全国高校野球選手権宮城大会第3日は11日、仙台市の東北福祉大球場などで2回戦を行い、仙台は古川に6―1で快勝した。仙台二、小牛田農林、石巻北、佐沼も勝ち3回戦に進出した。
 仙台は1―1の七回、1死満塁から白井秀啓の押し出し死球で勝ち越し、さらに中村修平の左前打など打者9人の猛攻で4点を挙げた。仙台二は二回に工藤健功の右前打で先制し、その後も着実に加点した。小牛田農林は7―0で涌谷にコールド勝ち。石巻北は4―1で仙台向山を下し、佐沼は7―0で仙台高専広瀬に快勝した。
 第2日の10日は、仙台市のKスタ宮城など5球場で1回戦11試合を行い、石巻や志津川、古川黎明、東北学院、気仙沼向洋などが2回戦に進んだ。

 ▽2回戦
仙台 100000401=6
古川 001000000=1




*古高残念ながら仙台に敗北。7回までは互角の試合をしていただけに、終盤の戦いに課題が残る。選手はご苦労様でした。今年は大震災の影響でじゅうぶんに練習できなかったかもしれません。試合ができただけでも、これは感謝すべきことです。仙台高校には今後頑張って勝ち進んで欲しいと思います。
とはいえ残念ですが、この敗北をしっかりと胸に受け止め今後を歩んで欲しいと思います。特に2年生以下は、何故郡部の学校が仙台勢に弱いか、また仙台勢も中央に出ると何故勝てないかを考える必要があるかと思います。これは古高の伝統でもありますが、そろそろ打ち破ってもいい伝統です。というか、打ち破らなければ甲子園は遠い。実際の力の差はほとんどありません。毎年いい試合はする。試合は作るが、最後は負ける。恐らく、郡部の学校が東北・仙台育英を倒して甲子園に行くには、野球のスタイル・概念・練習方法をまったく変えてしまう必要があるのではないかと思います。高校生にそれをのぞむのは酷というものですが、甲子園に出るには一日一日の練習の質が東北仙台育英に匹敵する以上のものでなければならない。まずは、敵を良く知る、これから始まるということでしょう。

試合速報






2回戦

終了
123456789
仙台1000004016
古川0010000001
古高、無念。仙台高校に敗れる。