May 23, 2014

古高延長15回引き分け再試合で延長13回サヨナラ負け

*2戦連続の延長戦の末古高、塩釜高校に敗れる。塩釜高校が次戦柴田に勝ってベスト8に入った。古高、夏に期待しよう。

河北新報

塩釜、再試合サヨナラ勝ち 春季高校野球宮城県大会

 第61回春季東北地区高校野球宮城県大会第2日は22日、仙台市民、蔵王の両球場で1、2回戦計5試合があり、利府、仙台育英などが準々決勝に進んだ。石巻市民球場で予定されていた2回戦3試合は雨のため中止になった。
 20日の試合で延長十五回引き分けにより再試合となった1回戦塩釜-古川は、塩釜が延長十三回、サヨナラ勝ちした。一迫商は終盤に角田を突き放して5-1で勝った。
 第3日は23日、2回戦4試合が仙台市民球場で行われる。準々決勝以降の予定は変わらない。

◎古川、延長で力尽く

 ▽1回戦(仙台市民)
古 川0030100000000=4
塩 釜0000100210001x=5
(延長十三回)

<宮井、投打に奮闘>
 延長十五回で引き分け再試合となった塩釜-古川は延長十三回までもつれ、塩釜の宮井のサヨナラ打で勝負が決まった。守りでも三回途中から救援し1失点と、投打の立役者となり「最高です」と顔をほころばせた。
 0-4の五回に左前適時打、1点を追う九回にはスクイズを決め延長戦に持ち込んだ。またも再試合かという雰囲気が漂い始めた十三回の2死二塁。「自分で決めよう」と初球の甘い直球を中前に運んだ。
 1戦目と合わせて投球数は274球にも上るが、「次も仲間を信じて打たせて取りたい」と疲れた様子もなく次戦を見据えた。

<古川・嶺岸諒主将(延長十三回の末に惜敗し)>
「リードを守り切れず、攻撃でもあと一本出なかった。これからは、点を取られても突き放せるだけの力をつけたい」


May 14, 2014

春季 宮城県大会 組み合わせ

宮城県高校野球連盟のHPより。

春季県大会の組み合わせが決定しました。古川高校は20日9時より塩釜高校と対戦@仙台市民球場です。




May 7, 2014

春季高校野球 北部地区結果

よし。古高県大会出場決定。古高復活の兆しだ。
県大会では是非物凄い強豪校と当たった方がいい。選手は宮城県のトップがどの程度のレベルかを実感したほうがいいと思う。
昭和48年夏、怪物江川に勝った銚子商業は、初対戦の秋季関東大会では20三振を喫した。わずか1安打の完封負けである。その後練習試合を積極的に組み夏まで4戦全敗。しかし江川の凄さを経験したことが、最後の夏にチームを勝利に導いた。あらゆる策を考え尽くし打倒江川の努力をし続けた末の勝利であった。
高校野球の面白さがここにある。