03 May 2019

北部地区予選 古川ー古川学園

*試合開始予定10時。利府を破った古川学園との試合。
(写真T.O.)

古川|001 110 43  |10
古学|110 010 00  |3
(8回コールド)

古川高校の勝利。北部地区決勝へ

古川はエース千坂ではなく11番右サイドスロー先発
古学5番に左中間本塁打喫する。0-2、投手千坂に交代。

エラーで1点返す。 

古川、スクイズで同点。



古川、4番高橋のタイムリーでようやく試合ひっくり返す。

本日両チームエラー多しとの情報。再びランナーサードのピンチ


このピンチ三振に取るも、次打者で再びパスボールで余計な1点を献上。同点となる。


古高チャンスも、1番大石の惜しいライトライナーでチェンジ。

7回表、熊谷の左前打、ノーアウト2塁のチャンス。犠打、4番高橋三振。古学の投手は背番号5の横手投げの軟投派。盛大付属の阿部投手といい、この変則タイプへの課題が残る。5番尾形、ショートエラーで勝ち越し。6番舟橋センター前ヒット、2アウト、1、2塁。続く小野、ライト前、ライトダイビング試みるも安打、さらに1点追加。捕手悪送球でさらに1点追加。6-3。千坂レフト前、さらに1点。いや、意外と今日は打つな。。。いいぞ!コマツもレフト前ヒット、大石四球、センターフライチェンジ。


古高、見事な集中打、一挙4点リード。千坂投手への交代から古学の流れ完全に断ち切った。本日の千坂投手は球が走り好調、打線を変える雰囲気がある。

8回表、ツーアウトから尾形左中間2塁打、盗塁で二死三塁、四球、小野ライト線2塁打、2点追加、さらに次打者ライト前、10-3。古川、今日は2アウトから秋に見られなかった集中打を見せている。





試合終了8回コールド。秋の東北大会ベスト4の実力を見せた。決勝も何としても勝って、第一代表で県大会に臨むべし。



その他の本日の結果 (宮城県高野連HPより)
5月3日(金)鹿島台中央野球場
第2試合 12:57開始  15:15終了
古川工業 対 東北学院榴ヶ岡

古川工000 100 000丨1
榴ヶ岡102 000 01× 丨4

東北学院榴ヶ岡高校の勝利

決勝は 古川 対 東北学院榴ヶ岡 (5/5, 12:30より同じく鹿島台中央球場にて)


5月3日(金)陶芸の里スポーツ公園野球場
第1試合 10:01試合開始11:19試合終了
中新田 対 利府

利 府 920 00 ┃11
中新田 000 00×┃ 0
5回コールド利府の勝利
宮城県利府高等学校県大会出場決定

第2試合 12:16開始
小牛田農林 対 岩ヶ崎

岩ケ崎  100 002 302 |8
小牛田  001 000 020 |3

岩ヶ崎の勝利
宮城県岩ヶ崎高等学校県大会出場決定


2 comments:

Anonymous said...

平成最後の公式戦及び令和最初の公式戦を1塁側スタンドで観戦してきました。
勝って選手らとともに歌う校歌は最高です。
アップされた動画にはわずかながら私も映っているではありませんか。

試合での経験を積んで強くなっていく印象の古高野球部ですが、
今日の試合では、
〇相手に先制されても焦らず追いつき、逆転し、大勝することが出来る
〇会心のヒットを打たなくても小技で点を取ることが出来る
〇ツーアウトランナーなしからでも点を取ることが出来る
〇ピンチの場面になっても千坂君はギアを上げて三振を取ることが出来る
〇ノーアウト1・3塁にされても無得点に抑えることが出来る
という経験を積みました。

次は北部地区決勝戦ですが、勝てば現行の地区大会制度になってから古高は
初優勝ということになりますね。
令和の初めに輝かしい歴史を刻んでほしいものです。

shigeT said...

令和元年ということとともに、部創立100周年ということもあります、ぜひ春の悔しさを夏にぶつけて、甲子園に行って欲しいものです。あの悔しさを常に思い出してもらいたい。また、特に1番目の「相手に先制されても焦らず追いつき、」は秋の東北大会の経験が自信になっていると思います。2回も県外で勝ったのは古高野球部史上初です。大いに自信にしていいと思います。北部地区リーグになってからまだ優勝はありませんでしたか。最終的に仙台育英、東北に勝てないと甲子園行けませんので、まあすべては県大会からですね。