東日本大震災:震災死の元球児の父と婚約者 毎日新聞


毎日新聞 2013年07月15日 


 東日本大震災で亡くなった元高校球児の田村健太さん(当時25歳)の父、孝行さん(52)は14日、健太さんの婚約者だった女性(28)とともに、仙台市民球場のスタンドから第95回全国高校野球選手権記念宮城大会を見つめた。健太さんの母校・宮城県立古川高校と女性の母校・県立佐沼高校の対決。孝行さんと女性は、甲子園を目指す球児たちの姿に「大切な人」を重ねた。
 「男の子が生まれたら野球をやらせたい」との孝行さんの期待に応え、健太さんは小学生で野球を始めた。中学2年の夏、親子で甲子園に行き「高校生になったら絶対ここに来る」と語り合う。健太さんは孝行さんの母校の古川高に進み、正捕手となった3年生の夏、県大会で22年ぶりの8強入りを果たした。
 大学卒業後に七十七銀行に就職したが、2011年3月、同行女川支店で勤務中、約10メートルの津波に襲われた。健太さんは翌週、婚約者を両親に紹介するつもりだったという。
 「健太も見たいだろうな」。婚約者だった女性は11年夏、2人でよく行った県大会を見に行った。スタンドに座った瞬間、涙があふれた。「ちょっと無理したかな」。それでも球場に足を運び続けた。
一方、孝行さんは震災後、野球を見ることができなくなった。選手たちが健太さんの姿と重なるからだ。だが先月末、母校対決を前に女性から届いたメールが孝行さんの心を動かした。「健太の後輩の応援に行きます。でも(お父さんは)無理しないでください」。直前まで悩んだ末、観戦を決めた。
 孝行さんは昨夏、健太さんの野球帽に手書きされていた「ONE FOR ALL」の言葉を横断幕にし、古川高に寄贈した。同校の佐々木貴芳監督(41)は「彼の残した『一人はみんなのために』という思いは、長く部員たちに伝えていきたい」と話す。
 健太さんの思いを込める横断幕が掲げられたスタンドで、女性が「健太はいつも腕組みして『今の(プレー)はああだ、こうだ』と話して、楽しそうだった」と振り返った。孝行さんは「なんかわかるな。健太が言いそうだ」と返した。
 この日は古川高が負けた。孝行さんは「今年来られたから来年も」と野球帽を握りしめた。女性は「いつか甲子園に行きたいですね」とほほ笑んだ。【近藤綾加】

田村健太さんの元婚約者の女性(右)と一緒に声援を送る田村さんの父、孝行さん。奥には、孝行さんが贈った横断幕が掲げられている=仙台市宮城野区で2013年7月14日午後1時55分、小川昌宏撮影








*以下、田村さんから提供された試合の写真。今回は残念な敗戦であったが、また古高の古豪復活を期待したい。この悔しい敗戦を1,2年生は絶対に忘れてはならない!
選手はもう一度野球がどれくらい好きか自分に問うてみる必要がある。練習はきつく、試合は楽しむものだ。野球は元来楽しむスポーツである。好きかどうかが最重要で、好きならば勝ちたい、勝ちたいならばきつい練習をする、きつい練習をすれば力がつく、きつい練習をしたことだけが本番での自信になる、本番で試合を楽しめる、試合に勝つ、というポジティブ・フィードバックなのである。






コメント

人気の投稿