スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

<秋季高校野球宮城大会>仙台育英6連覇 利府に快勝 (河北新報)

http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201709/20170925_14028.html  第70回秋季東北地区高校野球宮城県大会最終日の24日、仙台市宮城野区のKoboパーク宮城で3位決定戦と決勝があり、決勝は仙台育英が利府に8-1で快勝、6年連続21度目の優勝を飾った。3位決定戦は仙台南が角田を七回コールドの8-1で破り、初の東北大会出場を決めた。
 仙台育英、利府、仙台南の3校は10月13~18日に福島市の福島県営あづま球場などで開かれる東北大会に出場する。

 ▽決勝
利  府000000010=1
仙台育英06000002×=8

 【評】仙台育英が二回に猛攻。無死満塁から沢田の左犠飛、佐々田と鈴木佳の2点打などで一挙6点を先取し、試合の主導権を握った。1点を返された直後の八回には長短4連打に鈴木佳の左犠飛で2点を加えて突き放した。利府は投手陣が14安打と打ち込まれた。

◎3投手継投 持ち味発揮

 仙台育英の継投策が当たった。3人でつないで強打の利府打線を4安打1失点。佐々木監督が「まだ1人で投げ切る力がない」と言うように、それぞれが任せられた出番で持ち味を発揮した。
 先発佐々田がリズムをつくった。7回2安打無失点の完璧な内容。打者の手元で沈むツーシームで苦しめた。「狙った角度で落とせるので、ストライクも三振も取れる」。右腕が揺るぎない自信で好投を演じた。2番手の田中は1回1失点と踏ん張り、最後は1年生の大栄が直球で押して1回を2者連続三振を含む三者凡退で締めた。
 今大会は斎藤を含む4人が登板し、完投はゼロ。それでも、初戦から準決勝まで3戦連続無失点と抜群の安定感を誇った。今夏の甲子園で8強入りを支えた左腕長谷川のような大黒柱がいない分、佐々木監督は「これから少しずつタイプが変わっていけば、3、4枚で戦える」と全体のさらなる底上げに期待する。
 6連覇は大会史上初の快挙。新チームのスタート間もない秋を続けて制することができたのは、豊富な選手層を誇る証明だ。ただ、過去5年間で東北大会を勝ち抜いて選抜大会に出場できたのは計3度。2年に一度のペースが続く。
 「チーム一丸となって、このジンクスを破りたい」と佐々田。力を合わせて強豪校の歴史をつなぐ。(今愛理香)

<利府反省「東北大会へレベル上げる」>
 利府が仙台育英に投打で力負けし、6年ぶりの頂点を逃…

最新の投稿

第二回 古高野球部OB総会のお知らせ

北部地区結果 9/9 古高敗退

北部地区結果 9/6

北部地区 結果 9/3

北部地区 結果 30日

北部地区 結果 8/27

第11回秋季宮城県高等学校野球地区大会 北部地区予定

優勝は花咲徳栄、埼玉県初優勝 (埼玉新聞 号外)

広陵 中村選手 最多本塁打

仙台育英逆転サヨナラ